南川副:

コミュニティカフェ(蕎麦の日)を開催しました

南川副まちづくり協議会健康福祉部会では、平成30年7月25日(水)に南2区公民館で、地域住民30名の参加を得て、コミュニティカフェを開催しました。

最初に、健康福祉部会のメンバー(おたっしゃ本舗川副の職員)から、「今日は、料理(普通はカレー)を食べながらおしゃべりをして楽しい時間を過ごしてください。」とコミュニティカフェの趣旨説明とあいさつがありました。

 南2区では、佐賀空港周辺で栽培された蕎麦粉を使った麺づくりから始め、できあがったばかりの蕎麦を提供しました。参加された皆さんは、地元でとれた蕎麦粉を使った蕎麦に話も弾み、おいしく食べながら楽しんでおられました。

 今後、健康福祉部会では、自治会等の地域へ出向き、コミュニティカフェを実施していきたいと考えています。

蕎麦つくり.JPG蕎麦粉を使った麺づくりの様子

食事・懇談.JPG麺を食べながら楽しく歓談する様子