赤松:

赤松まちづくり協議会設立!

あかまっちゃん

あかまっちゃん

他校区の皆さま、初めまして!って、「鯱の門まつり」の記事を先に出してしまい順番が逆になりましたが、赤松校区も遅ればせながら、7/27にまちづくり協議会を設立しました。
 まるっと2年をかけ、校区を挙げた座談会も4回実施。「思いやる心でつなぐ ふれあいのまち赤松」というスローガンも決定までにはかなりの時間をかけ、熱い議論の末ようやくまとまるなど、じっくりじくり協議を重ねました。
 親子で楽しめるまちをめざす「親子ふれあい部会」、高齢になっても元気で暮らしやすいまちへと「げんき部会」、地域ぐるみで安心、安全な地域にと「あんしん部会」、佐賀城や広大な堀、様々な史跡を持つ特徴を活かし歴史・伝統を考えようと「まなび部会」、さまざまな行事に世代を越えた人々が集うまちにと「つながり部会」の5つの専門部会を整えました。つながり部会は、他の4つに部会と本部・役員をつなぐ総務機能、さらに情報発信の役目も担います。
 5つの専門部会、本部も早速それぞれに協議や活動を開始。これまでの自治会や民児協、青少協、体協、消防団や各学校の教師やPTAなど赤松を構成する様々な組織、さらには個人も加わりがらがらぽんで立ち上がった各部会は予想もしなかった前のめりの状況が生まれてきています。
 国は、少子高齢化問題の対処を「まち協」という形で住民に押し付けすぎているきらいもありますが、年々深刻さを増す気象災害など、地域が寄り添わぬことには前に進めない事実もあります。佐賀市には最後までつきあってもらいながら、この「まち協」に取り組まざるを得ないと覚悟しています。新参校区ですが、これからよろしくお願いします!まち協組織図横.gif